山名文夫 AYAO YAMANA 1897-1980

山名文夫、自らを語る。

昭和初期の資生堂の広告デザインで知られ、体外宣伝誌「NIPPON」のエディトリアルデザインも手がけた山名文夫のデザイン、イラストレーションとその足跡を39篇の自伝的エッセイ、デザイン論、イラストレーション論でたどる。図版約140点を収録。

国内外でなお圧倒的な存在感をほこる山名文夫の自伝です。

序文=永井一正・福原義春 解説=川畑直道

著者:山名文夫 出版社:DNPグラフィックデザインアーカイブ ggg books別冊(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)2004初版 255p ハードカバー
B


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,836円(税込)

sold out

top