はたらかないで、たらふく食べたい 「生の負債」からの解放宣言

著者:栗原康

「返せないのはひとでなし、たくさん返せたひとはそれだけえらい。いまでは、借金とその返済が人間の個性と社会性を担保しているようだ。はっきりいっておかなくてはならない。この社会は狂っている」
「なぜ、排外主義はうまれるのか。それは自分が犠牲者だという意識がつよいからであり、自分の行動に対価や見返りをもとめる心が、過剰なまでにエスカレートしているからである」

現代社会の常識を疑うことから全ては始まる。
そこから全ては始まる。
痛快とも言える社会論。ここに書かれていることに真摯に向き合いたい。

著者:栗原康 出版社:タバブックス 226p ソフトカバー 2016 3刷
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,836円(税込)

カートに入れる

For international customers

top