よいひかり

生活や日常の詩集

デビュー作で中原中也賞
萩原朔太郎賞を史上最年少受賞
三角みづ紀の詩集です。

旅と生活が主題になっている。
読んでいて、この佇まい、静謐さはどこから来るのだろうと考えていた。
あとがきに答えらしきものが見つかった。

「とびきり心が揺さぶられたときではなく、自分という存在が沈黙したときに詩を書いているのだろう」

知らない町で読んでみたい。

著者:三角みづ紀 出版社:ナナロク社 装幀:服部一成 装画:さとうさかな 2016.9
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,512円(税込)

カートに入れる

For international customers

top