ホーム  /  文学  /  日本文学

恋するための文学

本当の恋愛とは、どういうものを云うのであろうか。

文豪たちの「恋にまるわる短編、エッセイ」を集めています。
文学を知る、名作を味わう。クラシックライブラリーシリーズから。

太宰治「駆け込み訴え」
岡本かの子「愛よ愛」
芥川龍之介「恋愛と夫婦愛とを混同しては不可ぬ」
坂口安吾「私は海を抱きしめていたい」
岸田國士「海の誘惑」
国木田独歩「恋を恋する人」
横光利一「春は馬車に乗って」
竹久夢二「ある眼」
林芙美子「恋愛の微醺」

装丁が素晴らしく、また読みやすいサイズです。

出版社:プチグラパブリッシング 2007初版
B(箱は多少の汚れ、本体は綺麗です)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
756円(税込)

sold out

top