ホーム  /  リトルプレス  /  dm

dm No.02 伝えるを考える

店主も一読して大変惚れこんでしまったリトルプレスです。
表紙を開くとこんな発行人からこんな言葉が寄せられています。転載させて頂きます。

---------
「dm」は「ことばの落穂拾い」を目指す雑誌です。
毎日を過ごす中で耳にするさまざまな声、目にする多くの文字。私たちは普段、多くの「言葉」に囲まれて暮らしています。ただ、その洪水の轟音にかき消されそうになりながら、まだ見ぬ誰かに出会おうとするかすかな声に、あなたは気づくでしょうか。
よく耳をこらさなければ聴こえてこないような小さい声、まだ何人にも見つけられていないことば。時にはそのまま消えてしまいそうで、時には自信なさげに発せられる、でも、間違いなくその人自身だといえるものを拾い上げ、ここに集めたい。
---------

創刊号からおよそ2年ぶりとなる第二号です。
特集は「伝えるを考える」
日々氾濫する言葉をどのように伝えるのか。そもそも「伝える」とはどういうことなのか。
アートに関わる人、webメディアへの想い、助産師、コピーライターらの切実な裸の言葉たち。

映像作家による朝昼夕夜、四つの時間をテーマにした映像作品DVD付きです。


発行人:斉藤賢弘 2016/11 A5 76p
新刊書籍




状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
849円(税込)

sold out

top