blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

著者:棚橋一晃

「無数の折れ枝や木くずにナタを入れて、それをみな仏にして歩いてきたような生涯。
そういう坊さんの思想や人間性といったものを解き明かしたい。
庶民のために仏を彫った円空を知るには、当時、すなわち江戸初期の庶民信仰について知らなければならない。しかし庶民信仰に関する研究成果がそのまま円空にあてはなるとは限らない。それは彼が風変わりな、独創性に富んだ人物だったからである。」

円空研究第一人者による円空の旅。

著者:棚橋一晃 出版社:人間の科学者 ハードカバー函 1974初版
C

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,080円(税込)

sold out

top