ホーム  /  文学  /  海外文学

遺稿から発見された長編

白水社から刊行されたボラーニョ・コレクションの一つ。

2003年、50歳で亡くなった著者の遺稿から発見された異色の長篇。
1989年に書かれていたそう。

物語は日付が記載され日記のように読み進める。
八月二十日に始まり、十月二十日に終わる。
「第三帝国」と呼ばれる戦争ゲームが現実を狂わせる。



著者:ロベルト・ボラーニョ 訳:柳原孝敦 解説:都甲幸治 出版社:白水社 2016初版 404P ハードカバー
B

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,024円(税込)

sold out

top