ホーム  /  文学  /  海外文学

著者:マーセル・セロー 訳:村上春樹

予断をゆさぶる圧倒的な小説世界

村上春樹が一読して翻訳をすぐに決めた傑作
著者は作家ボール・セローの息子、マーセル・セロー。

全米図書賞の最終候補に残ったこの作品は、荒涼たる現代を、そして未来を極北の地に置き換え、描いているように見える。
一人の女性が彷徨う雪と氷の世界。そこで見つけたものとは。

著者:マーセル・セロー 訳:村上春樹 出版社:中央公論新社 ハードカバー 380p
B(帯付き)



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,080円(税込)

カートに入れる

For international customers

top