きっと 人のこころには  言の葉の茂る 言の木があり 言の森があるのだろう

奈良在住の詩人、西尾勝彦によるブックロアからの第二詩集。

タイトルにもなっている「言の森」という詩がとにかく素晴らしい。
言葉は美しいものだと思わせてくれる。

言の葉が
くちびるや
ゆびさきから
一枚いちまい
現れる

その
小さな
言の葉は
もともと
遠く
こころから
やってきたもの
だから
きっと
人のこころには
言の葉の茂る
言の木があり
言の森があるのだろう

続きは是非手に取って読んでみてください。
あなたの森を見つけてみてください。
そうだ、「そぼく」という詩も店主は本当に好きです。

著者:西尾勝彦 出版社:ブックロア 2015初版2刷 ソフトカバー(グラシン紙付)
新刊書籍



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,620円(税込)

カートに入れる

For international customers

top