植物課 : 植物扱ってます

店舗のご案内

blackbird books blog : 本とわたしを離さないで

new光ったり 眠ったりしているものたち

前のページに戻る

それからは 僕が歩くたびに ころころ 音がするようになった

奈良ののほほん詩人、西尾勝彦の詩集。

空想と現実を綺麗な糸で紡いでいくような言葉たち。
この詩集を読むと奈良の森で確立したその世界に心酔することになる。
気持ちのいい酔だ。

「純粋な空」という詩に店主は心奪われました。
永井宏に捧げた「羽」、玉造のブックカフェ「バイエル」へ贈られた言葉、
光ったり、眠ったり出来る僕たちに祝福を。

素敵なイラストは安福望さん。

著者:西尾勝彦 出版社:ブックロア 2017初版 ソフトカバー(グラシン紙付)
新刊書籍



状態
(状態について)
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,728円(税込)

カートに入れる

For international customers

関連書籍

page top