生きた廣告

実務叢書

大正3年発行、広告のあり方についてまとめた実用書。

広告機関のあり方、建物及び店頭の広告、看板、広告の価値とその方法、肖像広告、などなど
緻密に書かれ、時には西洋の広告写真を織り交ぜながら日本のコマーシャリズムについて説明しています。

著者:井関十二郎 出版社:実務叢書 1914(大正3年)初版/函 金箔押
D(経年によるヤケ・シミ 目立ったダメージはありません)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,320円(税込)

sold out

top