食うものは食われる夜

音たてちゃ いけない 今夜は もの音たてちゃ いけない

第56回芸術選奨文部科学大臣賞、受賞。
圧倒的世界を創造している詩集
「多彩な言葉の心拍をもとに、刻一刻と生成を重ねる生き物たちの、秘められた繋がりを描き出す。」

収録されているインタビューにこうあります
「言葉の表現というものは、わかりやすいか否かではないところがあると思っています。それを受け止める人の何かと融合、或いは反発することで揺り動かす部分があるかどうか」

文藝誌「未明」においても店主が最も刺激を受けたのが蜂飼耳さんの詩でした。

今最も言葉について考えさえられる詩人ではないでしょうか。

詩:蜂飼耳 出版社:思潮社 2008 2刷 ソフトカバー
B

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,836円(税込)

sold out

top