センチメンタルな旅 1971-2017- / 荒木経惟

1971年から続くセンチメンタルな旅 そして旅は続く

荒木さんの私小説。
その物語を共有出来る一冊。
素晴らしい作品です。

東京都写真美術館で催される同タイトル展覧会のカタログです。
以下、版元より
写真家・荒木経惟の膨大な作品群から、妻「陽子」というテーマに焦点をあて、陽子を被写体とする作品、その存在 を色濃く感じさせる多様な作品によって構成される、同名写真展の公式展覧会カタログです。 荒木自らが「陽子によって写真家になった」と語るように、1960年代の出会いから1990年代のその死に至るまでの妻 ・陽子との濃密な時間から生み出された作品群は、写真の核心を貫き、見る者の心を揺さぶらずにはおきません。 結婚前の貴重な未発表ポジ作品や本展のための新作をはじめ、私家版として発売された幻の写真集『センチメンタル な旅』全108点を収録。もっとも重要な被写体である陽子を通じて、荒木が重要視する被写体との関係性を探り、ま た彼の写真の神髄である「私写真」について考察します。 タイトルの「センチメンタルな旅」は、1971年出版の写真集のタイトルでもあり、また2017年現在からさらに続く写 真人生そのものを表しています。 荒木にゆかりの豪華執筆陣によるエッセイも必読、すでに500冊以上になる荒木の写真集において、決定版となる一冊です。

収録作品:〈センチメンタルな旅〉〈東京は、秋〉〈食事〉〈センチメンタルな旅、冬の旅〉〈空景/近景〉〈三千空〉他、 結婚前の陽子を撮影した60年代の未発表ポジ、陽子をテーマとする作品、愛猫チロのポラロイド、2017年撮影の最新日記シリーズ

執筆:吉増剛造(詩人) 、ユルゲン・テラー(写真家)、石内都(写真家)、古屋誠一(写真家)、森山大道(写真家)、 伊藤俊治(美術史家)、フィリッポ・マッジア(モデナ写真財団)、笠原美智子(東京都写真美術館)、北澤ひろみ(キュレーター)



著者:荒木経惟 監修:東京都写真美術館 アートディレクション&デザイン:下田理恵 出版社:HeHe
2017.7 ハードカバー 288p (図版402点)
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,132円(税込)

sold out

top