言葉の羅針盤

わたしを導く言葉は、わたしのなかにあった

「言葉の贈り物」に続く若松さんの静かな励ましに満ちたエッセイ集。

「孤立」は他者との関係が失われようとしていることを指す言葉だが、「孤独」は違う。孤立はない方がよい。しかし、孤独のときはなくてはならない。人生には孤独のときにしか感じられない何かがある。-孤独を生きる

文学の名作、文豪の言葉を引用し、ゆくえを指し示してくれる言葉が溢れています。
まさに羅針盤のような本。


著者:若松英輔 出版社:亜紀書房 2017初版 ソフトカバー
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,620円(税込)

カートに入れる

For international customers

top