Christine Furuya-Gossler Memoires, 1978-1985 / 古屋誠一 Seiichi Furuya

妻、クリスティーネの思い出

1978年にオーストリアのグラーツで写真家古屋誠一は後の妻になるクリスティーネに出会う。
出会い、結婚、出産、そして彼女が1985年に彼女が投身自殺をするまでの写真を時系列にまとめた写真集。
クリスティーネの写真集としては集大成と言えるもの。

時間軸にとにかく拘り、思い出を辿るように編集されています。
場所、日付、ネガの記録、そして本人のコメント(極めて客観的な)をそれぞれの写真に掲載


著者:古屋誠一 出版社:光琳社出版 1997初版 ソフトカバー
C



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
5,400円(税込)

カートに入れる

For international customers

top