newここは私の家じゃないかもしれないけど

明るい喪失感

加納千尋写真集
「実家周辺や家族を題材にしているように見える。だがここは私の家じゃないかもしれないし、あなたの家でもないかもしれない」

誰もが通るあの日を中心に構成
最後のページは女子中学生か高校生が雪道の中を歩いていく写真で、それがとても好きです。
さりげない加納さんの写真が好きです。

写真:加納千尋 出版社:Kite 2016 W182×H237mm ソフトカバー
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,160円(税込)

カートに入れる

For international customers

top