山の名前がわかならい

「永遠というやつはどこまでいっても途中だ。」

加納千尋写真集
「真夜中のサービスエリアの風景と高速バスの車窓」

車窓からの風景が好きではないとこんな写真は撮れないだろう。
車窓からの風景、夜の風景を眺めることは今では贅沢なことだ。
永遠や、過去のことを考えたり。
そんな風にこの本があなたのもとにも届いて欲しい。
最後には虹が見えるから。

使用されている紙もとびきり素晴らしいものなので是非触れて欲しいと思います。

写真:加納千尋 文:阿部海太 編集・デザイン:阿部航太 ブックデザイン:村上亜沙美 出版社:Kite 2017 ソフトカバー
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,104円(税込)

カートに入れる

For international customers

top