newとりとめなく庭が

「誰かや、何かを、いとおしいとおもう。」

詩人、三角みづ紀、はじめてのエッセイ集。
デビュー作で中原中也賞を受賞、萩原朔太郎賞を最年少で受賞。
鹿児島に育ち、東京に出て、現在は北海道で暮らしているそうです。

旅や、日常の中で綴った瑞々しい言葉たち。
普通の幸福を願うような言葉たち。
詩は写真でエッセイは映像のよう、と書いておられる通り浮かんでは消えていく虹のような言葉たち。
30のエッセイと7行の詩。

旅や暮らしの中で読んで欲しい一冊。

詩集「よいひかり」に続き装画、そして挿画を手がけているのはさとうさかなさん。
淡い色合いがこの本を深く美しいものに仕上げています。

著者:三角みづ紀 画:さとうさかな 出版社:ナナロク社 2017.10 ソフトカバー
新刊書籍



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,512円(税込)

カートに入れる

For international customers

top