newブックレットホン 2号

特集「椅子と本」

奈良の本屋さん「とほん」さんが3周年を記念して創刊されたリトルプレスです。

2号の特集は「椅子と本」
「読書いうのは書を読むこと、本を読むことです。読書に必要なのは、けれども本当は本ではありません。読書のためにいちばん必要なものが何かと言えば、それは椅子です」
冒頭に長田弘の言葉。
椅子と本のある空間、椅子が重要なモチーフとなって登場する小説や詩。
椅子でこれだけの特集を組んでしまうとほんさんの本と読書への愛情を感じずにはいられません。

連載となっている書き手や版元による「愛すべき手前味噌書籍案内」、ブックレットホン書評(お題は「かさ」で私も参加
させて頂きました。
「休日は本屋さんへ」では神戸の「ワールドエンズガーデン」さん(表紙は長野の栞日さん)
そしてお馴染み西尾勝彦さんの巻末連載詩も。

たっぷり楽しめる本の本!

本をテーマにしっかり読ませる内容でありながらどこか余白を感じる居心地(読み心地)の良さは奈良を流れる空気のせいかも知れません。


発行:とほん 2017.10
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
648円(税込)

カートに入れる

For international customers

top