ことしのなつやすみ

本当に大切な詩はいくつもいらない。

H氏賞詩人・片岡直子のエッセイ集第2弾。
初めて詩に目覚めた、14歳のなつやすみ。
かつての少女は、やがて妻になり、母になり、そして詩人になった。
詩人がつづる、遠い日々の記憶と、いま。

「家庭外恋愛を描いた『産後思春期症候群』で、女性から大きな支持を受ける詩人・片岡直子。
思わずドキリとさせられる、夫たちへのメッセージ。
子供に向けられた、母のあたたかいまなざし。
女性として貪欲に生きる詩人のことばは、ときにきびしく、ときにやさしい。
すべての女性に贈る一冊。」



著者:片岡直子 出版社:港の人 2009 初版 ソフトカバー
B(帯あり)

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,080円(税込)

sold out

top