blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

日本の名山20 阿蘇山

串田孫一、今井通子、今福龍太編集による日本の名山シリーズ

山を愛した作家、専門家らの随筆

20 阿蘇山 
「枯草の果てに山あり火を吐けり」(山頭火)―世界で一番大きい山、神話・文学の舞台阿蘇山。外輪山や草千里ケ浜のハイキングから、高岳の谷の遡行や登攀まで、九州随一の名山のすべて。

編:串田孫一、今井通子、今福龍太 出版社:博品社 1998初版 ソフトカバー
B

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
756円(税込)

sold out

top