new処女峰 アンナプルナ

「1950年6月5日、エルゾーグを隊長とするフランス登山隊は、標高8091メートルのアンナプルナ頂上に人類初の足跡を印した。未知の山域で、幾多の偵察を重ねた上での歓喜の登頂。しかし遅すぎた登頂の代傷として、下山中に嵐につかまり、隊員たちは生死の境をさまようことになる。初登頂を支えた隊員たちの友情と、生還に向けての凄惨な脱出行を描いた不朽の名著。」

山と渓谷社から発売されている文庫版の原書
訳にはこの登山隊の一人であるレビュファの親友であり同じくアルピニストの近藤等

著者:エルゾーグ 訳:近藤等 出版社:白水社 1955 四版 ソフトカバー
D(経年によるヤケ 一部書き込み
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,296円(税込)

カートに入れる

For international customers

top