原民喜童話集

こんなに澄みきった童話が私たちの国にありました。

『眠れぬ夜の大人たちと、夜明けの子らのために。』

待ち焦がれていた、原民喜の童話集です。
帯に「澄みきった」とありますが、本当に純度の高い、無垢な少年少女のような、類まれな名作がここにはあります。
童話が7篇「山へ登った鞠」「気絶人形」「うぐいす」「二つの頭」「誕生日」「もぐらとコスモス」「屋根の上」、全集未収録の詩篇1篇「ペンギン鳥の歌」が編まれています。

また、原民喜文学への思いを込めたエッセイ集別巻『鞠』を収録。
著者は蜂飼耳(詩人、作家)、竹原陽子(原民喜文学研究者)、須藤岳史(音楽家)、田中美穂(蟲文庫)、そして今作品の編集者外間隆史。外間さんの画集も収録。

原民喜の文学に触れたことがある人にも、ない人にも、必ず宝物になる一冊です。

2冊組/函入

著者:原民喜 発行/編集:イニュニック/未明編集室 2017 ソフトカバー2冊組 函入
新刊書籍








状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,970円(税込)

カートに入れる

For international customers

top