intimacy / eiki mori 森栄喜

絶対の孤独と狂気(山本耀司)

第三十九回木村伊兵衛賞受賞作。

夏から新しい夏へ。
パートナーとの日常生活を切り取った一年間の記録

近づけば近づくほどに孤独に迫るような雰囲気と光が漂っています

男性が男性を見つめる眼差しには慣れていないはずなのに心を打つものがある。

新城郁夫さんによるあとがきエッセイ『まばゆい「退屈さ」と影の律動』は必読。

著者:森栄喜 出版社:ナナロク社 2014初版 2刷
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,104円(税込)

カートに入れる

For international customers

top