new房総のパン

南房総という生き方

千葉県の房総半島。

「房総のパン」第一号で南房総で暮らし、働く、パン屋さんたちの特集。

カフェとパンと、里山の暮らしと、パンとうつわ、製粉所から、館山の移住者たち、
それぞれの章でパン屋さん、カフェ、そこで働く人々にスポットを当て、その暮らしを紹介しています。

そして巻末には日本を代表するパン屋さん、昭和4年開業の「館山中村屋」を取り上げています。

千葉県勝浦市に住む編集発行人の沼尻さんはお一人で取材し、お一人でこの本を作られています。

編集・発行:暮ラシカルデザイン編集室 2016 ソフトカバー
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
880円(税込)

カートに入れる

For international customers

top