blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ジェンダー写真論 1991-2017

フェミニズムとジェンダーの視点から

女性やLGBTの写真家、現代アート作家はいかに社会と対し、表現してきたかを探るテキスト・決定版。

『ある人がかつてわたしに、フェミニズムとは究極的には「愛」なのではないかと語ってくれたことがある。それぞれの多様さ、曖昧さを引き受けながら、いかに理解し合えるか。』

フェミニズムやジェンダーの視点から写真展はじめ多くの企画を立ち上げて来た著者の集大成。
「世界編 民族とセクシャリティ」「日本編 戦後と高度経済成長とジェンダー」の2本の柱で構成され、
ポートレイト、ダイアン・アーバス、ヌード、人種、階級、石内都、森栄喜、そして荒木経惟まで切れ味鋭い考察で切り込んでいきます。
特に多くの作家の作品を引用しながら書かれている「現代日本女性の意識と社会」はうわべと曖昧な言葉だけで女性を持ち上げる日本社会を知るためにも必読。

笠原美智子 1957 年長野県生まれ。83 年明治学院大学社会学部社会学科卒業。87 年シカゴ・コロンビア大学大学院修士課程修了(写真専攻)。東京都写真美術館、東京都現代美術館にて学芸員を務め、日本で初めてのフェミニズムの視点からの企画展「私という未知へ向かって 現代女性セルフ・ポートレイト」展(91 年)を皮切りに、ジェンダーの視点からの企画展示を多数企画。著書に『ヌードのポリティクス 女性写真家の仕事』(筑摩書房、98 年)、『写真、時代に抗するもの』(青弓社、02 年)他。

著者:笠原美智子 出版社:里山社 2018 ソフトカバー 416p
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,916円(税込)

カートに入れる

For international customers

top