blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ドリュウ・ラ・ロシェル日記 1939-1945

フランスの作家、ピエール・ドリュウ・ラ・ロシェルの衝撃の日記。

ファシズムを評価し、「反ユダヤ主義」として糾弾されドイツが追い詰められるとともに自殺した作家です。
苦悩と絶望、激しい女性遍歴が記された600ページを超える日記です。

発行は安原顯のメタローグ
表紙イラストは山本容子

著者:ピエール・ドリュウ・ラ・ロシェル 訳:有田英也 出版社:メタローグ 1994 初版ソフトカバー/函
C
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,700円(税込)

カートに入れる

For international customers

top