blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

靴のおはなし 1

「おわかりですか、わたしたちがふだん、この星と接しているのは、靴底だけです。靴ってものは、わたしたちを、この世界につないでくれる『橋』だと、そういって、まったく見当はずれではないでしょうね。」(靴みがきの目/ いしいしんじ)

奈良の靴屋さん「NAOT」が靴の本を出版するため立ち上げた「ループ舎」により企画・発行された「靴のおはなし」

いしいしんじ、大竹昭子、近藤良平、千葉聡、広瀬裕子
小説家、エッセイスト、振付家、歌人、
それぞれが思い思いに綴った靴にまつわる創作とエッセイ。
僕は広瀬裕子さんのエッセイが沁みました。
シンプルで読みやすい良書です。
そう、毎日履く靴のように。

装丁・装画は黒木雅巳
和田ラヂヲのしおり漫画付き!

発行:ループ舎2018 ソフトカバー 117p
新刊書籍




状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,404円(税込)

sold out

top