blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

Sacrifice 未来に捧ぐ、再生のいけばな

東京電力福島第一原発20km圏内に花を生ける。

2013年、大阪から福島へ移り住んだ華道家片桐功敦が原発周辺の町で花を生けて歩いた記録。
2013年とはいえまだ自然の容赦ない爪痕が残る大地に再生の願いをこめて花はそこに生けられました。

花、撮影地、器を明記しページいっぱいに花と風景を掲載。
写真も全て著者によるもの。
美しさとは何だろう、と深く考えさせられる良書です。

特別寄稿:赤坂憲雄、菅啓次郎

著者:片桐功敦 出版社:青幻舎 2015初版 ソフトカバー
B


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,376円(税込)

sold out

top