blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new映画を撮りながら考えたこと

『誰も知らない』『そして父になる』『海街diary』『海よりもまだ深く』...全作品を振り返り、探った、「この時代に表現しつづける」
その方法と技術、困難、そして可能性。

自分の作品について語ることは避けてきた是枝さんが20年の節目に綴った「映画を撮りながら考えたこと」
TVディレクター時代、「幻の光」から「海よりもまだ深く」までを自ら解説。

是枝さんの映画は深く考えさせられる映画ばかりですが、その背景においてやはりこんなに考えていたのか、とここでも考えさせられます。

20年分、400ページ超、誰かにとってはバイブルになるかも知れない(なるでしょう)、そんな一冊です。

著者:是枝裕和 出版社:ミシマ社2018 初版5刷 ハードカバー
新刊書籍


状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,592円(税込)

カートに入れる

For international customers

top