blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new八月のフルート奏者

たましいそのものの歌

「葉桜を愛でゆく母がほんのりと少女を生きるひとときがある」
「八月のフルート奏者きらきらと独り真昼の野を歩みをり」
「君が差すオレンジ色の傘を伝うたった一粒の雨になりたし」

第一歌集「ひとさらい」、第二歌集「てんとろり」、に続く笹井宏之(1982-2011)の三つ目の歌集。

短歌を書き始めた頃、地元の佐賀新聞に本名で投稿していた歌を中心に395首収載されています。
音楽を愛した笹井さんの最も青く、深い部分に触れられる歌集です。


著者:笹井宏之 出版社:書肆侃侃房 2013初版 ソフトカバー
新刊書籍





状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,836円(税込)

カートに入れる

For international customers

top