blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

わたしを空腹にしないほうがいい

菜箸を握ろう。

「あなたは今日何を食べましたか?どんな味がして、どんな気持ちになりましたか?」

詩人の長田弘は食卓と幸福を並列にして詩を届けてくれた。
この本の著者、くどうれいんさんはひとり料理をつくりながら喜びと悲しみを日記に書いた。
歯切れよくリズムを刻む文体と食欲をそそる比喩にのせられて読み始めたら止まらない。
短い文章で満腹になるほどに皿の上を想像させる。
小一時間ほどで読み終えて「面白かった」と呟いた。
本文にも出てくる武田百合子、あるいは平松洋子の本が好きなら迷わず読むべきだと思う。
出来るだけ空腹ではないときに。

ある、六月の記録。
おすすめです。

著者:くどうれいん 発行:BOOKNERD 2018 文庫 78p
新刊書籍




状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,000円(税込)

カートに入れる

For international customers

top