blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

newネクロフィリア

禁断の文学

「サドから、バタイユ、ジュネ、マンディアルグの系譜に連なるフランス・エロティシズム文学の秘められた傑作、20世紀最後の禁断の書物」

1972年に発表後、すぐに発禁となり発売と発禁が幾度か繰り返された本書「ネクロフィリア=屍体愛好者」
屍体にしか性的興奮を覚えられない骨董店を営む主人公の日記形式で話は進みます。
生と死、光と闇の対立。

挿絵も著者本人によるもの。

著者:ガブリエル・ヴィットコップ 訳:野呂康 安井亜希子 出版社:国書刊行会 200 初版 ハードカバー/函・帯
B(帯)



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,160円(税込)

カートに入れる

For international customers

top