blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

newやがて秋茄子へと至る

生きていることが花火に護られて光っているような夜だった

透明な涙が胸に湧き出して目から零れるまで藤が咲く


2013年に発行された堂園昌彦の第一歌集。
「この本は、世界にあるたくさんの本たちと同じように、多くの悲しみと、わずかだが揺るぎない喜びから生まれた。この本が、ほんの些細なことでかまわないから、あなたの助けになること、私は、心から願っている。」
──あとがきより

鮮烈な印象を残す、美しく、切ない歌集です。
一頁に一首、フランス装、一枚の葉が印象的なカバー、ブックデザインも歌の佇まいを汲んだ素晴らしい一冊。

著者:堂園昌彦 出版社:港の人 2018 第二版 ソフトカバー 227P
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,376円(税込)

カートに入れる

For international customers

top