blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

島尾敏雄・ミホ 愛の往復書簡

恋の喜び、死の予感

「死の棘」が出来る前、結婚生活が始まる前、昭和19年に出会い、昭和21年に結婚するまでの往復書簡。
その原文を復刻。

今夜どうしても逢ひたくてたまりません
今頃「あなた」は何をなすつていらつしゃいませうか

凄まじい情愛が刻々と記されています。

「特攻隊長と島の国民学校教師が交わした手紙を、原資料から全文をはじめて復刻。そこにあらわれた戦争末期の交流は、恋の喜びと死の予感で揺れ動く心情が率直に綴られ、異様な切迫感は読む者の胸を打つだろう。解説は『狂うひと―「死の棘」の妻・島尾ミホ』の著者梯久美子。」

著者:島尾敏雄・島尾ミホ 出版社:中央公論新社 2017初版 ソフトカバー
B

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,296円(税込)

sold out

top