blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

茨木のり子集 言の葉1

わたしが一番きれいだったとき

茨木のり子の自選作品集です。
第一巻。
50〜60年代。

詩集は「対話」「見えない配達夫」「鎮魂歌」を掲載
他エッセイ、ラジオドラマ収録。

掴みきれず、しかし胸に刺さる言の葉の数々。

函の作品は画家の高瀬省三
印象的な美しい装丁は吉田篤弘、吉田浩美(クラフト・エヴィング商會)

著者:茨木のり子 出版社:筑摩書房 2007 4刷 330p ソフトカバー函入
B

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,160円(税込)

カートに入れる

For international customers

top