blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

new記憶における沼とその他の在処

かたつむり焼けば水焼く音すなり
椿落つ傷みつつ且つ喰はれつつ
死者いつも確かに死者で柿に色
照り返す葉表を蜘蛛歩きけり
くらがりの沼へ水入る蛾の羽ばたく

松山市在住の俳人、岡田一実の第三句集。
「記憶」の景色、情景。
「沼」と呼ばれる夜や死を連想させる独特の世界。
濃いブルーのカバーに銀の箔押しが美しい一冊。
京都の青磁社から。

『17という絶望的なほど短い音数で構成される俳句は、それ自体が世界なのではなく、世界を想起させる触媒のようなものだとずっと思っていた。
ところが、この句集を読んでいるとき何度も、一句がそのまま世界として立ち現れる様を目にするような気持ちになってしまった。』(金原瑞人 帯より)

著者:岡田一実 出版社:青磁社 2018初版 ハードカバー
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,160円(税込)

カートに入れる

For international customers

top