丘の上のパンク

丘の上のパンク -時代をエディットする男、藤原ヒロシ半生記

藤原ヒロシって何者なんでしょうね。「ユースカルチャーのカリスマ」なんて言葉もなんだか陳腐ですよね。
彼を知ったのはまだ10代の頃でしたが何をしてる人なのかさっぱりわからなかった。捉える所のない人だった。そのわからなさが魅力だった。
川藤正幸さんがつけた「丘の上のパンク」というタイトルは凄くしっくりくる。捉えどころがないのに。
でもやっぱり音楽においてもファッションにおいても好きなこと、楽しいことをを追求している姿がかっこいいのだと思う。
編著:川藤正幸 監修:藤原ヒロシ / 出版社:小学館 2009 2刷 / ソフトカバー 352p 21x15.4cm
B
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,296円(税込)

sold out

top