僕はベーコン

「すべては無意味だ。だったら異常でいるほうがましだ」

20世紀を代表する画家のひとり、フランシス・ベーコン。独特で強烈な彼の作品と生きざまを、現役コピーライター岩崎亜矢氏の監訳による文章で、わかりやすくビビッドに伝えます。ユニークなイラストと、シリーズを通してそろえたくなるブックデザインも魅力!

出版社:パイ インターナショナル 2014.11 80p 228mm×173m ハードカバー
新刊書籍
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,728円(税込)

sold out

top