blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

アンビエント・ドライヴァー

20世紀の終わりに語られた細野さんの言葉、その周りの環境

「僕がアンビエントの海にどっぷり浸かっていたのは20世紀の終わり。その頃の日本には終末論的な気分が蔓延していた。1999年で世界が終わると、僕もどこかにすり込まれていた気がする。人口が爆発し、環境は破壊され、わけのわからない事件が勃発。そんななか、みんなが潜在的なリセット願望を募らせていた。外側からではなく、内側からの、とても個人的なリセット。僕の場合はそれがアンビエントだった。」帯より

著者:細野晴臣 出版社:マーブルトロン 2007 4刷  315p 18.6 x 13.6 cm ハードカバー
B(帯付き)
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
864円(税込)

sold out

top