ブラジルの光、家族の風景: 大原治雄写真集

大原治雄写真集

知られざる、ブラジル移民のアマチュア写真家・大原治雄(1909-1999年)。その写真に記憶されているのは、愛おしく宝物のような日々。カメラを手にしてはじめて撮影した、妻の面影。
2016年、高知県立美術館・伊丹市立美術館・清里フォトアートミュージアムで「大原治雄写真展—ブラジルの光、家族の風景」開催。ブラジル屈指の写真史料アーカイヴズであるモレイラ・サーレス財団に作品が収蔵されている唯一の日本人作家、"Haruo Ohara"。その貴重なモノクロ写真180点を収録した、日本ではじめての写真集。

私も伊丹市立美術館へ行き、その移民というスケールの大きさ、身近な家族をテーマに撮り続けた写真を目の当たりにし、心を揺さぶられました。
開拓していくコーヒー農園、遊びまわる子供たち、移民たち、町の風景、そして何より美しいのが農園や家の周りに咲く花々。

解説:今福龍太


著者:大原治雄 出版社:サウダージブックス2016.6 2刷 176p ソフトカバー
新刊書籍
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,132円(税込)

sold out

top