吉兆味ばなし 一

吉兆の料理のおはなし

当時花森安治が天下第一等の日本料理店として惚れ込んだ大阪新町の吉兆。
その吉兆を始めた湯木貞一さんの季節を彩る食材と料理のお話。
花森さんが聞き役となって湯木さんのお話を引き出しています。

どんな料理本よりもこの本が一冊あればいいと思えます。


花森さんが苦心した黒い装釘の製本。
(最後の仕上げの最中に花森さんは他界されています)

著者:湯木貞一 装釘・あとがき:花森安治 出版社:暮しの手帖社 1998 13刷 ハードカバー
B






状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,620円(税込)

sold out

top