ホーム  /  文学  /  日本文学

庄野潤三の長編
「戦地の死の危機を潜りぬけ、瀬戸内の島の生活に励む老人を捉え、さながら禍福は糾える縄の如しという人間の運命を描く」

著者:庄野潤三 出版社:新潮社1977初版 ハードカバー/函/帯
C

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,080円(税込)

カートに入れる

For international customers

top