blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

アルテリ 006

追悼、石牟礼道子

ともかく
夜が明けるから
もう
ねむってみようではないか
「石牟礼道子『生存』(1970)より」

--------------

「熊本から雑誌を出そう。」
渡辺京二さん(評論家)の一言で、熊本にゆかりのある作家や「書きたい」という思いを持つものたちが集まった。
書かずにはいられない人たちが。

六号は創刊から本誌に参加・協力していた石牟礼道子さんの追悼号です。

渡辺京二、伊藤比呂美、坂口恭平、浪床敬子、田尻久子といった毎回参加している執筆陣に加え、
今回は池澤夏樹(作家)、石内都(写真家)、新井敏記(switch)らも寄稿しています。

書かずにおれなかった、読まずにおれなかった、それぞれの記憶。


発行:アルテリ編集部(橙書店内) 2018.8 166p A5
新刊書籍
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,080円(税込)

sold out

top