blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

THE ABSENCE OF TWO / 吉田亮人 AKIHITO YOSHIDA

生きること、生きていたこと

『1928年生まれの祖母と、1990年生まれの孫。
宮崎県の田舎町で毎日繰り返される小さな家族のささやかな生活は、
ある日突然、思いもかけない形で結末を迎える・・・・・・・。』

”THE ABSENCE OF TWO (二人の不在)"は写真家・吉田亮人さん自身の祖母と従兄弟を被写体にした写真集です。
家族の出来事を111部限定で私家版写真集として制作し、またKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2017での展示を経て、大きな反響を呼び、本書は誕生します。

物心ついた頃から祖母の家にいたという従兄弟は成人し、大病を患った祖母を看病するため共に暮らし、食事、排泄、風呂、あらゆる面倒を見ながら、時には喧嘩もしながら暮らしていきます。
吉田さんはその生活を、その幕が閉じるまで約3年間撮り続けました。
その記録がここに収められています。

この本を見て閉じた後、どう感じるか、受け止めるかは恐らく読んだ方人それぞれでしょう。
吉田さんの写真から投げかけられた波紋はそれぞれの形をしながら、しばらく静まることはないでしょう。
人が生きることの意味を強く問いかけてくる作品です。
そして写真の持つ強度を改めて思い知らされました。
どんな映画や小説でも表現出来ない物語を提示しています。

写真集の制作やツアーについての詳細はこちらの吉田さんのHPでご覧頂けます。

今回、出版を記念し著者の吉田亮人さんは全国の書店でブックサイニング&トークイベントツアーを開催致します。
当店ではトークイベント(予約制)を2/15(金)に開催致します。
ご予約受付中です。
お気軽にお問い合わせください。
詳細はこちら


著者:吉田亮人 出版社:青幻舎2019 188mm × 258mm / 140P / コデックス装
新刊書籍



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
4,104円(税込)

カートに入れる

For international customers

top