blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

『言語にとって美とはなにか/心的現象論/共同幻想論。このもっとも重要な三つの仕事をひとつに総合して捉え直す。』

安原顯が編集として携わった「マリ クレール」「リテレール」で連載していたものを1995年に学研が発刊したものの新版。
本人にとっても最も重要な主題と言える仕事をまとめたもの。

表題に加え、連環論、大洋論、異常論、病気論、語母論、贈与論、定義論、起源論、脱音現象論、原了解論を掲載。
解説は瀬尾育生。

著者:吉本隆明 出版社:思潮社 2004 ハードカバー 263p
B

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
1,620円(税込)

カートに入れる

For international customers

top