blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

する、されるユートピア

第24回中原中也賞を受賞した兵庫県在住の国語教員、井戸川射子の詩集。

「現代詩手帖」や「ユリイカ」に投稿していたものを集めた22篇。
散文的で掴みどころがない中で時折顔を出す悲しみ。母の死。
文字を辿るよりも声に出して読みたくなるのを抑えられない。

「詩があった、それでよかったです、」と綴る詩人の声を聞いてみたい。

「光る川はそのまま、それで、これは流していいんだっけ」「ニューワールド」という詩が好きです。

印象的な表紙画も本人によるもの。

著者・発行:井戸川射子 2018 初版2刷 ソフトカバー
新刊書籍

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
900円(税込)

sold out

top