意味がなければスイングはない

著者:村上春樹

月が消え、恋人に去られ、犬に笑われても、なにがあろうと音楽だけはなくすわけにはいかない。(帯より)

いいですね、著者の音楽への並々ならぬ愛情が伝わってきます。
村上春樹の小説はダメだけれど、エッセイは幾らでも読める、という方も多いのではないでしょうか?
音楽に関する著作はかなりありますが、私はこの本が一番好きです。特に、スプリングスティーンとカーヴァーの項は最高です。何度も読みました。ある種の哲学書と言ってもいいと思います。
著者:村上春樹 / 出版社:文藝春秋 2005初版 / 289p 19.4 x 13.8cm / ハードカバー
B
状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
540円(税込)

sold out

top