ぼくはこうやって詩を書いてきた ―谷川俊太郎、詩と人生を語る―

著者:谷川俊太郎 山田馨

日本でもっとも有名で、
もっとも知られていない詩人のすべて。

半世紀以上にわたる創作の過程で、詩は、谷川俊太郎は、どう変遷してきたのか。名作誕生の裏側、三度の結婚と離婚、人生のあれこれ――。最も信頼している編集者を相手に、詩と私生活(プライベート)について、本人が余すことなく語りつくした待望の一冊。

未発表詩から「二十億光年の孤独」「なんでもおまんこ」「私」「トロムソコラージュ」まで、34冊の詩集から88篇を収録。
(版元より)

1942-2009までの谷川俊太郎、自らを語りつくす!
730ページを超えるボリューム、年譜つき。凄まじい本です!



著者:谷川俊太郎 山田馨 出版社:ナナロク社 2010.7 736p
新刊書籍



状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
3,024円(税込)

カートに入れる

For international customers

top