blackbird books

カートをみる0点 合計 : 0円

ホーム  /  文学  /  海外文学

夜・夜明け・昼

ルーマニア生まれのユダヤ人作家でありノーベル平和賞を受賞したエリ・ヴィーゼルの長編。

15歳でアウシュビッツの強制収容所に入れられ、解放後パリで新聞記者となりその後渡米し作家活動に入りました。

収容所の体験とその後の希望を描いた傑作。

「私は語り部になることによって世界を変えることができると考えたのです」

著者:エリ・ヴィーゼル 訳:村上光彦 出版社:みすず書房 1988 6刷 208p
B

状態
状態について
A :
新品同様
B :
汚れや痛みなどが少なく、古書としてきれいな状態
C :
古書として標準的な状態
D :
汚れ、傷みあり

※当店では商品への値段の書き込み、ラベル貼りは行っておりません。

販売価格
2,160円(税込)

sold out

top